観察会リポート

ここでは、「観察会リポート」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年度第3回採集・観察会が名古屋市港区の稲永公園周辺で行われました!
朝から生憎の天気・・・
集合時間の10時からはちょうど土砂降りに。

そんななか集まった精鋭?は初参加のお二人を含めて7人です!!
稲永公園観察会にて 2015・9・6

雨なんて物ともしないのが中部蜘蛛魂!!!
IMG_8452.jpg

ヨシの原でカコウコモリグモ&イソハエトリを探す面々。
IMG_8439.jpg
港という環境ならではの2種、ぜひ見つけたかったのですが、
ガサゴソと歩くのはカニばかり。
足の数は8本ですけど・・・
残念ながら今年は見つけられませんでした。
昨年の様子はコチラ

それにしても、こんなお天気に7人も集まるとは、担当の須賀先生もびっくり。
久々に参加の須賀先生に会いたくて来られた会員もいて、先生の人徳ですね♪
7月25日、26日の二日間、岐阜県恵那市で、
中部・三重合同合宿を開催しました!
昨年は学会開催のためなかったので、2年ぶりの開催です。
合同合宿記念写真-s

初日から、およそ50種が見つかるハイペース!
さすがクモのベテランの皆さんもこぞって集まる年に一度の合宿です!
RIMG1235-s.jpg
ツヤツヤのトリノフンダマシ!

RIMG1215-s.jpg
キュートなアカイロトリノフンダマシ!!

RIMG1158-s.jpg
そして、つぶつぶがまるで王蟲の目のようなマメイタイセキグモ!!!

夜は和気あいあいと宴会!
IMG_8230-s.jpg
・・・をそこそこに切り上げ、夜の観察会へと繰り出します!
夜のクモたちは、昼とは全く表情が違い、まるで別人(別クモ?)のよう。

この日はちょうど恵那峡花火大会。
私は花火にうっとりしていましたが、
花火に目もくれずクモを探す先輩方もいらっしゃいました。

夜の観察から戻ると、宿でクモ談義。
IMG_8231-s.jpg
この時間が合宿の醍醐味ですね。

翌日の午前中まで観察をして、解散。

その足で九州へクモ観察へ向かうというメンバーもいて、
つくづくすごい会だな、と思いました。

来年もまた合宿でお会いしましょう!
(レポート:筒井明子)
今年は夏休みの子供観察会を、
なごや生物多様性センター主催サマースクールで開催しました!

RIMG1242-s.jpg

毎年恒例、キシノウエトタテグモの巣穴を探したり、
アシダカグモの迫力にびっくりしたり・・・

センターの方が用意してくださった
実体顕微鏡「ファーブル」でコガネグモを観察した時には、
一本一本の体毛や、お腹が呼吸で上下する様子など
しっかり確認でき、歓声が上がっていました。

夏休みの宿題を、クモの観察で提出した子はいたかな?
二学期もしっかり勉強して、いっぱい遊んで、
たまにはクモの観察も思い出してくださいね!
2015年第1回採集・観察会が、名古屋市の小幡緑地公園で行われました。
高校生、大学生の皆さんの参加もあり、賑やかな観察会になりました!
小幡緑地にてクモ観察会記念写真s-s

季節は初夏。
ギンメッキゴミグモの見事な円網には、フワフワと飛ぶ柳の綿毛がいっぱいかかってしまい、丸見え。
RIMG1090-s.jpg
「これじゃあなかなか獲物はかからないだろうねえ・・・」と参加者からはクモに同情する声も上がっていました(>o<)


次号まどいに、加藤さんのレポートを掲載予定です。
お楽しみに!
10月の観察会に参加された方からのリポートが届きました!

鈴木達也さん
10月5日(日曜日)今年度最後の観察会がありました。
台風18号の影響で朝から雨模様、
時より強く打ち付ける雨の中を集合場所へ向かうとすでに5名の参加者が、遅れて2名合流。
私も含めて8名での観察会となりました。
初めはキシノウエトタテグモを見にいきました。
初めはトタテの蓋がどんなものか分からなくて見つけられなかった私も慣れてくると1つ、
また1つと見つけることができました。
しかし、巣穴は見つかるけれどクモの姿が見えず…、残念。
緒方さん曰く、巣穴の大きさからほとんどがオスで、
メスを探して出ていってしまったのかもしれないということでした。
園内ではいたるところでジョロウグモが巣をはっていました。
そして 、巣の中にはシロカネイソウロウグモも。
ジョロウグモはクモ初心者の私でもすぐに目につきますが、
その巣の中に居候しているクモがいるなんて知りませんでした。
糸を使うという習性のため、独自の生活スタイルを作り上げていったクモだからこそ、
居候したり、巣穴に戸をつけたりと彼らの生態が独特なものになっていったんだなぁ、
なんてことをジョロウグモの巣の中で銀色に輝く小さなクモを見ながら考えていました。
今回の観察会では、雨のためビーティングやスイーピングは積極的に行っていませんでしたが、
それでも20種類以上のクモが観察できました。
天気が良ければもっと沢山のクモが見れたかもしれないと思うと少し残念でしたが、
そ れでもとても有意義な観察会となりました。

中村浩之さん
こんにちは、10月の観察会で初めて参加した中村と申します。
この日は台風が近づいている事もあってあいにくの雨でしたが、自分としては様々な蜘蛛を観察する事が出来て、楽しく観察を行う事ができました。トタテグモの巣の観察で、最初見つける事ができなかった巣穴が多少目が慣れてきてわかるようになったり、見つけた蜘蛛の種同定に関して教えてもらったり、大変勉強になりました。蜘蛛の観察会に参加してから、旅行に行っても蜘蛛がやけに目に入ったり、身の回りで蜘蛛を見た時に種のあたりをつけて図鑑で調べるようになったりするようになったと感じます。
これからも観察会にお邪魔させて頂ければと思いますので、よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。