2009年度総会 講演5~どんな環境にどんなクモが棲んでいるか~

ここでは、「2009年度総会 講演5~どんな環境にどんなクモが棲んでいるか~」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■講演5 どんな環境にどんなクモが棲んでいるか
                    ~多種多様なクモたち~
                            緒方清人


森林や里山、水辺、民家など、それぞれ異なる12種類の環境に
どんなクモが見られるのかを発表していだきました。
スパイダー
(最後に、街中に見られるクモとしてスパイダーマンも紹介されました!)

種構成や体長、生活様式など、生息環境が変われば群集構造が大きく変化するクモ類、
つくづく興味深い生き物であることを実感しました。

これは考え方を変えれば、多様な種を保全していくためには、
多様な環境を保全していかなければならないという解釈もできます。

生物多様性の保全が重要視される今日、
そこに科学的な根拠を持たせるうえでも、
クモ類は本当に理想的な生き物であることがわかりました。

また最後に、クモ類を“いつでも退屈しない存在”と形容して、
感謝の言葉を述べていた緒方さん。
本当にクモが好きなんだなと、再認識しました。
僕も何十年か後にはこんな素敵な言葉を言ってみたいです。
(小栗大樹)



<おまけ>
緒方さんが最後に発表された
“ことば”です

「私は退屈しない
 樹々に包まれている時も

 私は退屈しない
 ビルディングに囲まれている時も
 
 ガキの頃からクモは友だち
 今日も長い糸で結ばれている

 クモは糸の使い手
 横糸・縦糸・しおり糸・・・

 私はこれからも退屈しない
 クモに感謝

 そして
 クモに魅せられた皆様に感謝」

本当に。
クモの糸に絡めとられてヨカッタ!!
(筒井明子)
スポンサーサイト
この記事へのコメント
 今回の中部蜘蛛懇談会での発表会・・超最先端のDNAの解析分類系統学から身近な蜘蛛、観光時での観察記録など一日堪能しましたヨ・・・
身の回りに何処でも見られる小さな虫・・中でもクモの世界は奥が深い・・寒いこの時期は如何に冬を乗切るか??成体で、幼体で、卵のうで越冬するらしい。どのクモが生き抜くかこの春が楽しみでもある。
また、身近な蜘蛛の観察など投稿します・・・ヨロシクね・・
2010/02/19(金) 21:51 | URL | 柴田 良成 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。