蜘蛛の研究者、クモ好き、クモの網ファンなどが集まる中部蜘蛛懇談会の活動を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第4回採集・観察会は大高緑地公園!

あっという間に、今年さいごの観察会。
第4回は、大高緑地公園(名古屋市緑区)で行います!
成体になった大きな蜘蛛にもたくさん出会えそうな秋の観察会。
担当は、当会きってのクモ博士、緒方清人代表です!
どんな質問にも、情熱いっぱいで答えてくれますよ♪

「クモの観察?おもしろそう!」という、はじめてさんの参加も大歓迎。
小学生や女性もいますので、どなたでもお気軽にどうぞ!

★これまでの観察会リポート→ここをクリック


<2014年第4回 中部蜘蛛懇談会 採集・観察会>

日 時: 10月5日(日) 10:00~
ところ: 大高緑地公園(名古屋市緑区)
集 合: 大高緑地公園 第8駐車場
キャプチャ-s


担 当: 緒方清人(090-3456-1297)
持ち物: 採集観察用具 雨具 飲み物 午後も観察する方はお弁当
      (近くにコンビニはありませんので、事前にご準備ください)




※小雨決行 
 ただし、午前9時に大雨・暴風警報が発令中の場合は中止




参加無料 申し込み不要
会員以外の方の参加も歓迎です!
お一人でも、家族連れでも、
御気軽にご参加ください(^-^)/


スポンサーサイト
報告が遅くなりすみません!!

2014年7月27日、今年も夏休みこども観察会が、興正寺公園(名古屋市八事)で行われました!!
2014-7-27 八事クモ観察会-記念写真n-s
なんと!33人もの親子連れや会員の皆さんが参加してくれました!!

みんな好奇心いっぱい!!
クモ観察中-s
珍しいクモが見つかると、みんなでギュギュっと集合~!
仲良くゆずりあって観察しました。

そして、今回の目玉はコチラ!!
RIMG0775-s.jpg
名古屋市では初観察のトゲグモです!!

オフホワイトとブラックの組み合わせはエレキングみたいですね・・・
ビッグライトで拡大したら、そのままウルトラマンと戦えそう!!
nRIMG0762-s.jpg

糸いぼから糸を出しているところも観察出来ました!
nRIMG0793-s.jpg

金色の糸がキラリと光ったので、近くの葉っぱをチェック。
アオオニグモが見つかりました。
葉っぱから追い出して観察し、近くの葉っぱに放したら・・・
nRIMG0821-s.jpg
葉っぱを左右にいったりきたり・・・

あっという間に新しいマイホーム?ふとん?を作って落ち着いていました。
nRIMG0828-s.jpg

大きな卵のうを3つも抱えている肝っ玉母さん。
RIMG0785-s.jpg
子グモも、参加してくれた子どもたちも、しっかり育つんだよ~
(報告:筒井明子)

<観察できたクモたち:26種(午後の観察会ふくむ)>
オオヒメグモ
アズチグモ
ギンメッキゴミグモ
トゲグモ
ササグモ
ウロコアシナガグモ
アリグモ
キシノウエトタテグモ
マネキグモ
ニホンヒメグモ
カタハリウズグモ
オダカグモ
シラホシコゲチャハエトリ
アオオビハエトリ
ワカバグモ
サラグモのなかま
コクサグモ
ビジョオニグモ
コガタコガネグモ
センショウグモ
アオオニグモ
ヤバネウラシマグモ
ワキグロサツマノミダマシ
コシロカネグモ
キノボリトタテグモの巣
2014年度 第3回採集・観察会が開催されました!

残暑厳しい9月7日(日)、名古屋市港区の稲永公園にて、今年3回めの採集・観察会が開催されました!
RIMG0856n-s.jpg
最近は高校生や小中学生の参加が多く賑やかな観察会が続いていましたが、今回はオトナなメンバーです。

目的地についたころ、ちょうど干潮。
RIMG0910-s.jpg
多くの方たちが干潟の野鳥観察や釣りを楽しむ中、ヨシの原でお目当てのクモを探します。
目指すは、おシリの白い点が目印のイソハエトリ。

一番乗りー!!と大声で叫んだところ・・・
RIMG0913n-s.jpg
シラホシコゲチャハエトリ。ニアミス??

こちらが本命!イソハエトリ!
おシリの先ににチョン!と白い点。分かりますか?
RIMG0875n-s.jpg
護岸のコンクリートにたくさん発見できました。
頭胸部と腹部の間のふかふかマフラーも目印だそうです。

もう1つのお目当てがこちら。
RIMG0907n-s.jpg
カコウコモリグモ。
図鑑にもなかなか載っていないレアスパイダー。
卵を抱えてエッサホイサと歩き回っていました。

ほかにもこの日は、オニグモの大捕り物も!!
須賀先生と加藤さんの目の前で網にアブラゼミが飛び込んだそうです!
RIMG0862n-s.jpg
オニグモのおシリから、複数の糸がいっぱい出ているのが見えますか?
このあとはキレイに羽を揃えてラッピングし、エレベーターのように松葉の中に吊り上げていました。

そして、この日、公園に向かう道中で見つかったのがコチラ。
RIMG0889n-s.jpg
セアカゴケグモです。
ガードレールや建物の外壁など、人工物に網を張るのが特徴のようです。
外来種の毒グモとして有名になりましたが、本来は、おとなしくてとても綺麗なクモ。
これ以上、生息域が広がらないよう、そして、事故のないよう祈るばかりです。

この日、見つかったクモは、16種類。
多い時に比べれば半分以下ですが、普段見られない干潟のクモに夢中になった1日でした。
(報告:筒井明子)

<観察したクモ>
セアカゴケグモ
クロガケジグモ
トガリアシナガグモ
オニグモ
ムネグロヒメグモ
ムナボシヒメグモ
シラホシコゲチャハエトリ
イソハエトリ
アサヒエビグモ
オオヒメグモ
オスクロハエトリ?
カコウコモリグモ
アシナガグモ
ミスジハエトリ
ジョロウグモ
ナガコガネグモ
第3回採集・観察会は名古屋市港区!

第3回は、稲永公園(名古屋市港区)で行います。
担当は、クモと植物博士&クモグッズマニア須賀先生です!

「クモの観察?おもしろそう!」という、はじめてさんの参加も大歓迎。
小学生や女性もいますので、どなたでもお気軽にどうぞ!

★これまでの観察会リポート→ここをクリック


<2014年第3回 中部蜘蛛懇談会 採集・観察会>
日 時: 9月7日(日) 10:00

★会報「まどい」掲載の日程が間違っていました。正しくは上記の通りです
ところ: 稲永公園(名古屋市港区)
集 合: あおなみ線 野跡駅改札を出た所
       (名古屋駅から野跡駅間 21分 1時間に4本程度運行)
担 当: 須賀瑛文 090-7431-1159
持ち物: 採集観察用具 雨具 飲み物 午後も観察する方はお弁当
      (400m離れたところにサークルKあり。お弁当は名古屋駅調達がお勧め)




※小雨決行 
 ただし、午前7時に大雨・暴風警報が発令中、
 または午前9時にあおなみ線運休の場合は中止


参加無料 
会員以外の方の参加も歓迎です!
お一人でも、家族連れでも、
御気軽にご参加ください(^-^)/


日本蜘蛛学会 第46回大会
が、2014年8月23日・24日の2日間、
名古屋市立大学で開催されました!
写真-s
日本全国&韓国から、
80人以上の蜘蛛のスペシャリスト達が集まる時別な2日間!!

私、中部蜘蛛の筒井は初めての学会。
学会ってどんな格好で行けばいいの!?と若干かための格好で行ったら、
ジャケットを羽織っているひとは片手くらいしかいませんでした。
先輩方いわく、「日本蜘蛛学会は、日本一カジュアルな学会!」とのこと。

発表内容も、私でも分かるかな??と心細かったのですが、
研究内容は幅広く、面白く、刺激的!
(もちろん、お手上げなお話もありましたが)
発表は、長崎の中学生も。
聴講は、岐阜の小学生も参加するという
蜘蛛に興味があるひとはだれでもウェルカムな学会!

今まで行ってなかったのはもったいなかった!!
と思うくらいワクワクして楽しかったです。

2日間、研究にふれて思ったのは、
「蜘蛛の世界は、謎がいっぱい」
ということ。

そして、それを解き明かしていくのは、
果てしない情熱。
研究者の方たちの
そこまでやるの!?という情熱に感動しました。

私は、観察オンリーの蜘蛛愛好者ですが、
これからは、ちょっとだけ、
「解き明かす」という視点を持ってみようかな、
と思いました。

参加者の皆さん、
そして、運営委員の皆さん、
お疲れ様でした!

そして、大会委員長として、
何から何まで手配してくださった
名古屋市立大学の片山先生、
本当にありがとうございました!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。