蜘蛛の研究者、クモ好き、クモの網ファンなどが集まる中部蜘蛛懇談会の活動を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月 夏休みこども観察会が行われました!

■8月21日(日)
■興正寺公園(名古屋市八事)
■観察したクモ
 オオヒメグモ、ニホンヒメグモ、ギンメッキゴミグモ、
 コガタコガネグモ、アズチグモ、アオオビハエトリ
 シロカネイソウロウグモ、ユウレイグモ、
 コモリグモSP、キハダカニグモ、ヤリグモ、
 ワキグロサツマノミダマシ、ジョロウグモ、
 キシノウエトタエグモの巣、オニグモSP、エビグモSP、
 コクサグモ、クサグモ、ネコハグモ


午前10時。大雨。

それでも・・・

集まって下さった皆さん、10余名!
w

どうしようか・・・途方にくれつつ、
土砂降りの中、お堂の屋根の下へ。

すると自然に観察が始まっちゃうのが中部蜘蛛!

鐘撞堂のヒラタグモ、
石柵のヒメグモ、
水場のギンメッキゴミグモ・・・

そうこうするうちに雨もあがって!

お目当てのキシノウエトタテグモの巣探しも盛り上がり・・・
20種類のクモを観察することができました。

昨年に続いて第2回となった夏休み観察会は、
新たな試みとして、
■須賀先生による「自由研究のヒント」
w

■翼くんの「これまでの自由研究発表」も!
w
今年は、6年生の翼くん。
4年生から続くクモの研究の集大成として、今年もクモの研究中とのことでした。


最後に、最悪のコンディションの中、
●自由研究の様子を発表してくれた翼くん
●雨が降らないようにお祈りして楽しみにしてくれたあゆむ君
●取材に来て下さったテレビクルーの皆さん
 (放送の詳細については後日発表!)
●そして、子供たちにクモの魅力を伝えようと集まって下さった
会員の皆さん

本当にありがとうございました!
(HP担当 筒井)
スポンサーサイト
明日は・・・

夏休みこども観察会!!


予報ではあいにくのお天気ですが・・・
朝7時から開催時間までに大雨・暴風警報が出ていなければ開催します。

今日も雨の中、下見に出かけましたが、
森の中は、木陰で雨も弱まりますし、カンカン照りよりは観察しやすいです。
葉裏に隠れるクモや、
水滴でキラキラのクモの網など、雨の日ならではの生態を観察しましょう。
(観察会詳細は、前回のブログをどうぞ)

●カッパ・長靴
●虫除けスプレー があるといいですよ!



<おまけ情報>
境内では、24時間テレビのイベントを開催中。
東北グルメとして、盛岡冷麺や、横手やきそばなどの屋台が!
米沢牛のお弁当をいただきましたが、おいしかったです(^-^)
観察会の後は、ぜひ東北グルメも!




夏休みの自由研究にもぴったり!!
,
夏休みこども観察会を行います


■日 時: 8月21日(日) 午前10時~正午ごろ
■ところ: 興正寺公園(名古屋市昭和区八事本町)

■集 合: 八事興正寺の五重の塔
■担 当: 052-522-1920(柴田)
■持ち物: 飲み物・雨具持参(小雨決行)
     午後の観察は自由参加→参加希望の方はお弁当

※小雨決行 大雨・暴風警報が午前7時に発令中の場合は中止
★参加無料、申込不要です★

昨年、はじめて開催した夏休みこども観察会。
夏休みの自由研究にするという子供たち、初参加の家族連れなど、会員含め24人という賑やかな観察会となりました。
その後、リピーターとなってくれている子供たちも多く、嬉しい限りです。
今年もどうぞ、ご家族の皆さんでご参加ください♪
もちろん、大人の方の単独参加も大歓迎です!
<昨年の様子はこちらをクリック>
s

ここ、八事興正寺での観察の目玉は、やっぱり
愛知県の絶滅危惧種「キシノウエトタテグモ」。
d
クモの巣といえば、糸で作った網を想像するでしょうが・・・

崖の斜面に掘られたトンネル状の巣。
しかも扉付きです!
d
扉の裏は白い糸で固められているのが分かりますね。
クモは優れた建築家でもあるんです。
扉を閉めている状態だと、知らない人には絶対見つかりません。
去年は、子供たちが夢中になって探し、15個ほど見つけてくれました。

この他、
★アリにそっくりなクモ
★ポケモンのイトマルみたい!おしりに顔がついたクモ
★つまようじみたいな一直線のクモ などなど・・・


ぜひぜひ、森の中の宝探しを楽しみましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。