蜘蛛の研究者、クモ好き、クモの網ファンなどが集まる中部蜘蛛懇談会の活動を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COP10関連イベント
発表・交流事業「地球いきものEXPO in モリコロパーク」に
記念観察会の報告パネルを展示しました!

w
会場の愛・地球博記念公園は、コスモスが満開!
タケカワユキヒデさんのライブなどで盛り上がってました!


会場には、自然観察団体の発表パネルがいっぱい。
w


中部蜘蛛懇談会のパネルはこちら!
d
見に来てくださった皆さん、ありがとうございました!

スポンサーサイト
私(HP担当筒井)の作業が遅れ、ブログ掲載遅くなりスミマセン。
村上先生からの報告です!


第4回 採集・観察会レポート

日 時:2010年10月3日(日)
場 所:春日井市大留町6丁目 庄内川右岸川原
    :春日井市大留町1丁目 荒子公園横川岸

担 当:村上 勝

参加者:須賀瑛文、柴田良成、桜井龍市、中根翼君とお父さん、
    小栗大樹、筒井明子、村上勝以上8名

1


 第四回の候補地は、毎回同じ場所では面白くないので、以前調査した西園か、緑が池南・野鳥観察の森を考えていました。
改めて下見に行ったところ、すっかり整備され、乾燥していてすっかり環境が変わっていました。
 そこで、以前緒方さんから尋ねられ、気になっていた庄内川の大き目の礫が多い川原にしました。未知の所で、皆さんを案内するには不安がありました。下調べをする段になって、足の痛みが出て、長く歩く事が困難になってきました。実施を含めて迷っていましたが、7月初めに、実施できました。それで、7月に興正寺の時にお知らせし、HPで知らせることになりました。遅れて皆様にご迷惑をかけました。

 当日は、曇りで、暑さもようやく鎮まり、午後から雨の予報が出ていました。何時もは、観察地まで長い距離を歩くことの無い観察会ですが、集合地のJR神領駅から、新しい住宅地を、30分余りも歩きました。住宅の入り口には「不審者監視中」の看板があって、敷地内に入らないように、気を使いました。それでも樹木にはジョロウグモが多数網を張っていて、オスが 3~4頭来ていました。

 川原では、目当てのカガリビコモリグモは時期はずれで難しいと思っていましたが、それでもキシベコモリグモやカワベコモリグモなどコモリグモの類を期待していましたが、見つかりませんでした。それでも、川原では、コモリグモ(ウズキコモリ?)が多数いました。脚が速いので採集するのに苦労しました。また、やや大きめの石をうごかした下にヤマトガケジグモを見つけました。川原の草むらを叩いて、ハエトリアリグモが観れました。その他、オスクロハエトリ・ウロコアシナガグモ・トガリアシナガグモを見つけました。
 帰りに寄った荒子公園横で採集したものを含めて24種を見る事が出来ました。
 所要のあった筒井さんが、お昼頃駆けつけて参加し、8名の参加になりました。幸い雨は、帰るまで降らず、助かりました。

 対岸の志段味ビオトープも、出来たら観察したいと思っていましたが、近道の人道橋は9月に火災があり、通行止めになっていましたし、雨の予報もありましたので、次回の機会にしました。この川原も含めて、時期を変えて実施したらいいのではないかと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。