観察会リポート

ここでは、「観察会リポート」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、中部蜘蛛懇談会です!
 中部蜘蛛懇談会とは、1969年に設立された、中部地方を中心に、クモの観察、採集、研究などを行うグループです。小学生から研究者まで、およそ100人が所属しています。
 <詳しくはホームページまで>

一般の方の参加も大歓迎です!

 こちらのブログでは、観察会のご案内、リポート、講演会のご案内などを掲載しています。
 催しのほとんどは、一般の方もご参加いただけますので、ぜひ遊びに来て下さい!
 <2017年度 活動スケジュールはこちら>
スポンサーサイト
2017年度の年間スケジュールです。
変更の可能性もありますので、詳しくはこのブログと会報でご確認下さい。

<採集観察会>
  5月~10月 年4回予定
  ★スケジュールは会報とブログでお知らせします
  ★子どもから研究者まで会員以外も参加自由
  ★参加無料・申込み不要

<合同合宿>
  7 月 (土日) 石川県内 《三重クモ談話会と合同》

<2017年度 総会・研究発表会>
  2018年2月11日(土・建国記念の日) ウィルあいち(名古屋市)予定
2016年度 三重クモ談話会、中部蜘蛛懇談会の合同合宿が行われました!

年に一度、朝も夜もクモ三昧という合宿です!
s-合同合宿記念撮影(伊賀市比土にて):20160731n
今年の合宿地は三重県伊賀市
田園風景や墓地など、山間の風景の中での採集です。

トリフンでたー!!という第一声を皮切りに、
今年は出るわ出るわ・・・
s-1119.jpg
s-1057.jpg
いくつ見つけてもやっぱり嬉しい、クモ界のアイドルですね。

お宿は初瀬街道に唯一残る旅籠「伊勢慶」さん。
自家製鮎の一夜干し、伊賀牛の肉味噌など、地元ならではのお料理に舌鼓。
s-IMG_2826.jpg
女将さんが一緒にルーペをのぞいて興味を持ってくださったのも嬉しかったです!

そして、夜の観察での目玉はこちら。
s-IMG_2808.jpg
巨大なドーム、スズミグモです!!

肩の突起が特徴。
美しいクモです。
s-IMG_2911.jpg
最近は中部蜘蛛の観察会でもみられず、私は2年ぶりのご対面でした!!

2日目は猛暑の中で、田んぼと用水路のあたりを観察。
まずは立派なコガネグモがお出迎え。
s-IMG_2845.jpg

ササグモが卵のうを抱えていました。
s-1047.jpg
卵のうを支える糸もキレイです。

クモの観察はもちろんですが、
先輩方の熱いクモ談義、人生談義が聞けるのも
この合宿の魅力。

つい3日前に89歳を迎えられた太田先生のお祝いができたのも嬉しかったです。
来年は90歳のお祝いもさせてくださいね!!

合宿をお世話してくださった三重クモ談話会の皆さん、
中部蜘蛛の先輩方、
どうもありがとうございました!!
今年度第1回の観察会のレポートです。
遅くなりすみません!

5月8日、名古屋市守山区の小幡緑地で行われました。
s-IMG_1387.jpg
高校生、小学生と、賑やかな観察会となりました!

卵のうから出てきた子グモたちがしばしまとまって生活する「まどい」
s-IMG_1413.jpg
クモの子を散らしても、ちゃんと糸をたどって戻ってきます。


ワカバグモはモリモリとお食事中。
s-IMG_1403.jpg


花の美しい季節でもありました。
s-IMG_1409.jpgs-IMG_1410.jpg
春から初夏へ。
生命力にあふれた観察会でした!
2015年最後の観察会が小幡緑地公園(名古屋市)で行われました!

今回は、「カマキリ調査」と共同開催ということで、
普段のメンバー + 昆虫ファンが集いました!
s-大高緑地にて① 2015・10・4

s-RIMG1280.jpg

s-RIMG1283.jpg

トリノフンダマシが卵のうを守る様子も見られ、楽しい観察会となりました!

しばらく観察会はお休みとなります。
次は、来年2月11日、恒例の研究発表会でお会いしましょう!
もちろん、会員以外の方も大歓迎ですよ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。