観察会リポート

ここでは、「観察会リポート」 に関する記事を紹介しています。
こんにちは、中部蜘蛛懇談会です!
 中部蜘蛛懇談会とは、1969年に設立された、中部地方を中心に、クモの観察、採集、研究などを行うグループです。小学生から研究者まで、およそ100人が所属しています。
 <詳しくはホームページまで>

一般の方の参加も大歓迎です!

 こちらのブログでは、観察会のご案内、リポート、講演会のご案内などを掲載しています。
 催しのほとんどは、一般の方もご参加いただけますので、ぜひ遊びに来て下さい!
 <2018年度 活動スケジュールはこちら>
スポンサーサイト
2018年度の第一回観察会が開催されました!

とき:2018年5月27日(日曜日)
ところ:愛知県犬山市善師野
担当:筒井明子、加藤修朗

今回は25名と沢山の方々がお忙しい中お集まり下さいました
集合写真アップロード用
不思議な祠(ほこら)前での集合写真(撮影した筒井さんが写っていませんので24名です)

昔は名古屋市内の家庭の生垣や公園、神社で簡単に見つけられた「ジグモ」、今は郊外に行かないと見つけることが出来なくなりとても残念です。僕らの子供のときの遊び相手だったのですが・・・・
ジグモアップロード用
突然掘り起こされて戸惑っているようです。ジグモは成体になるのに3年以上掛かります・・この子もしかして去年も掘り起こされたりして・・メンゴ

ハエトリグモも昔は身近な蜘蛛でした。家の中には必ずいました・・各家庭にはハエトリ紙が必ずぶら下がっていてハエが一杯はりついていたことを思い出します・・・・エサが豊富でしたから(笑) ハエトリグモにとっては懐かしき良き時代だったんでしょうネ
ネコハエトリ ブログ用2
ネコハエトリの表情もなんだか昔を懐かしんでいるように見えてきました・・家でよく見かけたのは君しゃなくてチャスジハエトリだったけどね!

チュウガタコガネグモ♂ 夏の足音が聞こえてきましたワクワクしますね
20180527善師野チュウガタコガネグモ♂
♀はどこに・・バス釣りに来られていたお兄さんが肩に大きな蜘蛛が張り付いたので叩き落としてしましましたとの事。恐らくそれかと・・・惜しいことをしました・・・釣り客だけに「逃した魚は大きい」ですねチャンチャン?

生物部の皆さん、如何でしたか?蜘蛛が苦手なかたもいらっしゃいましたが、あまり嫌わないで下さいね、(植物→植食者→肉食者→分解者→植物の命の輪の一部ですよ) 生態を知ると段々と好きになっていきますから
善師野20180527スナップショット_2
高校生活の良い思い出になってくれれば、嬉しく思います
観察会は全国で開催されていますので(現在は東京、名古屋、三重、大阪に本部があります)気軽に参加できますよ

目録(全45種)(採取と見取に分けて掲載します。見取は♀♂成体、幼体の表記不可な場合あり)
採取(17種)
アサヒエビグモ♂成体;アシナガサラグモ幼体;イタチグモ♂幼体;カタハリウズグモ♂成体;カレハヒメグモ♀成体;クロチャケムリグモ♀成体;コンピラヒメグモ♂幼体;シャコグモ♂成体;ヒメグモSP(確認中・・)♀成体;バラギヒメグモ♀成体;ヒシガタグモ♀成体;ミスジハエトリ♂成体;ヤサアリグモ♂成体;ヤサガタアシナガグモ♀成体;ヤマシロオニグモ幼体;ヤミイロカニグモ♂成体;ユウレイグモ♀成体
見取(28種)
アオオニグモ;アシナガグモ;アリグモ;イオウイロハシリグモ;オナガグモ;ギンメッキゴミグモ;コアシダカグモ;;コマチグモSP;コモリグモSP;サガオニグモ♀成体;サツマノミダマシ;ジグモ;ネコハエトリ;ヒラタグモ(巣);マミジロハエトリ♂成体;メガネドヨウグモ;ヤマウズグモ;ユノハマサラグモ;ワカバグモ;チュウガタコガネグモ♂成体;オスクロハエトリ♂成体;ゴミグモ;ササグモ;ネコハグモ;ジョロウグモ;コクサグモ;ヤドカリグモ;シロガネグモSP
2017年度 第1回 採集・観察会

とき:2017年5月14日
ところ:愛知県犬山市善師野
担当:須賀瑛文
参加者:11名 観察したクモ:35種類

犬山1

今年初の観察会は、須賀先生の案内で犬山市の善師野へ。昨年はたどり着けなかった大洞池周辺で観察しました。前日までの雨が嘘のような最高のお天気の中、少年クモ楽者2人のリードで池の畔を歩きます。

犬山2

到着してすぐ、ベンチの脚にはジグモの巣がいっぱい。町中では少なくなっているのに、ここはジグモのベッドタウンのようです。

犬山3

また、ハエトリグモがあちこちに見られ、狩りのシーンにも遭遇。

RIMG1708 - コピー

体よりも大きなハエを捕まえる様子には「ほんとにハエをとるんだねぇ!」と感嘆の声が上がっていました。

犬山4

(報告 筒井明子)
2016年度 三重クモ談話会、中部蜘蛛懇談会の合同合宿が行われました!

年に一度、朝も夜もクモ三昧という合宿です!
s-合同合宿記念撮影(伊賀市比土にて):20160731n
今年の合宿地は三重県伊賀市
田園風景や墓地など、山間の風景の中での採集です。

トリフンでたー!!という第一声を皮切りに、
今年は出るわ出るわ・・・
s-1119.jpg
s-1057.jpg
いくつ見つけてもやっぱり嬉しい、クモ界のアイドルですね。

お宿は初瀬街道に唯一残る旅籠「伊勢慶」さん。
自家製鮎の一夜干し、伊賀牛の肉味噌など、地元ならではのお料理に舌鼓。
s-IMG_2826.jpg
女将さんが一緒にルーペをのぞいて興味を持ってくださったのも嬉しかったです!

そして、夜の観察での目玉はこちら。
s-IMG_2808.jpg
巨大なドーム、スズミグモです!!

肩の突起が特徴。
美しいクモです。
s-IMG_2911.jpg
最近は中部蜘蛛の観察会でもみられず、私は2年ぶりのご対面でした!!

2日目は猛暑の中で、田んぼと用水路のあたりを観察。
まずは立派なコガネグモがお出迎え。
s-IMG_2845.jpg

ササグモが卵のうを抱えていました。
s-1047.jpg
卵のうを支える糸もキレイです。

クモの観察はもちろんですが、
先輩方の熱いクモ談義、人生談義が聞けるのも
この合宿の魅力。

つい3日前に89歳を迎えられた太田先生のお祝いができたのも嬉しかったです。
来年は90歳のお祝いもさせてくださいね!!

合宿をお世話してくださった三重クモ談話会の皆さん、
中部蜘蛛の先輩方、
どうもありがとうございました!!
今年度第1回の観察会のレポートです。
遅くなりすみません!

5月8日、名古屋市守山区の小幡緑地で行われました。
s-IMG_1387.jpg
高校生、小学生と、賑やかな観察会となりました!

卵のうから出てきた子グモたちがしばしまとまって生活する「まどい」
s-IMG_1413.jpg
クモの子を散らしても、ちゃんと糸をたどって戻ってきます。


ワカバグモはモリモリとお食事中。
s-IMG_1403.jpg


花の美しい季節でもありました。
s-IMG_1409.jpgs-IMG_1410.jpg
春から初夏へ。
生命力にあふれた観察会でした!